動脈硬化は主に血中コレステロールが原因?

動脈硬化 血中コレステロール

動脈硬化は主に血中コレステロールが原因?

動脈硬化は脳梗塞や心筋梗塞などといった様々な病気を引き起こす可能性のある病気ですが、その原因として大きいのは血中コレステロールであると言われています。

人間の身体に不可欠な脂質のひとつであるコレステロールも、必要以上に増えればそれが血管の壁に溜まり、動脈硬化を引き起こすのです。

他には高血圧や糖尿病、加齢、肥満、喫煙、ストレス、運動不足なども動脈硬化と大きく関係しています。

また現代人の食生活は動脈硬化を引き起こしやすい内容となってしまっていますので、日常的な食生活における注意点としては、肉類の脂身やバターやラードなどといった動物性脂肪の摂取を控える他、エネルギーの総量を減らすように心がけましょう。

肉よりも魚をメインにし、野菜を多く摂るようにします。

キノコ類や海藻類も毎日食べるようにしましょう。

塩分や甘いもの、アルコールもできるだけ控えめにして下さい。

また禁煙をしたり、適度な運動も心がけるようにしましょう。

動脈硬化の進行を抑えるサプリとは?

乱れた食生活や喫煙などの生活習慣、ストレスなどによって引き起こされるのが血管が硬くなり、血液の流れが悪くなってしまう動脈硬化です。
動脈硬化 血中コレステロール

動脈硬化を放っておくと、血管内部が詰まってしまい最終的に脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こしてしまいます。

そうならないためにも、動脈硬化と診断されたら早めに医師の指導のもと生活習慣を正すことが重要となってきますが、それに加えて自分でも進行を抑えるサプリを活用することがオススメです。

動脈硬化の進行を抑えるために最も重要な要素は、血液をどろどろにしてしまう原因である血液中のLDLコレステロールや中性脂肪を下げる作用があることです。

サプリの成分として代表的なのがEPAやDHA、ナットウキナーゼなどがあります。これらは全て上記の作用がある成分ですので、摂取することで症状の進行を抑制することが出来ます。

ただEPAやDHAは酸化に弱いので、サプリを選ぶ時には強い抗酸化作用のあるビタミンEやビタミンC、セサミン等が配合されているものを選ぶとよいでしょう。

Copyright© 2014 動脈硬化の原因@改善・サプリメントまとめ All Rights Reserved. : サイトマップお問い合わせ